ニキビトラブルが明らかな部分だけ集中ケア

小さいころから真っ白できれいな肌をしていた息子。
中学生になってお年頃になったのか、急にニキビができ始めました。
しかも鼻の周りだけです。
鼻ってニキビができるとすっごく目立つんです。
息子も誰かとしゃべっているときにみんなが鼻のニキビを見ながらしゃべると気にしていました。
そうだよねえ。

息子にできたニキビは小さくて、しかもブツブツとたくさんできるタイプ。
鼻の周囲は分泌物が多いので仕方ないにしても、なんとかしたほうがいいに決まっています。
とりあえず、手で無闇に触らない。
顔をしっかりと洗う。
洗顔せっけんなどを使ったら、しっかりと洗い流すことを厳命しました。

でも一向に治る気配がありません。
そこで一緒にケアをするようにしてみました。
どうやって顔を洗っているのか。

まず、ここが問題です。
ペロンと水で2~3回程度顔をなぞるだけ。
これじゃ特別な汚れはもちろんのこと、皮脂汚れが溜まったとしても無理はありません。
とにかく医者に診せたり特別な洗顔料を買う前に、きちんと顔を洗うということをきちんと覚えさせようと決意しました。

洗うときにはしっかりと顔を濡らしてからじゃないと意味がない。
洗顔せっけんは十分に泡立てた時に力を発揮する。
ごしごしと洗うのではなく、ゆっくりと汚れが浮き上がってくるのを待つイメージで洗う。
最後はしつこいくらいに何度も流水で泡を洗い流す。
清潔なタオルをいつも使う。
これを徹底しました。

中学生は面倒くさがりなのか、はたまた息子の性格なのか。
たったこれだけのことを徹底できなくて苦労しました。
でも自分でできるようになったなと感じたころには、ぶつぶつが随分と目立たなくなってきたのです。
ニキビケアは根気必須ですね!

※ニキビ跡が消える化粧水?|タイプ別オススメ化粧水教えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です